• 保冷剤をフル活用しよう

    ケーキなどのデザートを買ったりすると付けてもらえる事がある保冷剤ですが、ついつい何かに使えるかも、と冷凍庫に大量にしまい込んだままになっているご家庭も多いようです。
    そんな保冷剤には幾つかの活用方法があります。

    まず、当たり前ですが貰った時と同じように物を冷やす事です。


    これは食中毒が気になる時期のお弁当が傷みやすくなるのを防いだりするのにもいいでしょう。

    全く異なる使い方としては身体を冷やす為に使用するという方法です。


    例えば夏場の暑苦しい時期に小さめの保冷剤をハンカチにくるんで頬や首に当てれば涼しくなります。

    扇風機の前に吊るしておけばより涼しい風を室内に届ける事が可能です。
    何でもクーラーに頼りきりになると電気代も掛かるし、女性は特にむくみやすくなったり頭痛を起こしたりしやすくなる、所謂クーラー病にも悩まされるのでこういった方法を活用するのもおすすめです。

    更に、天候不順などで悩まされやすい片頭痛には首元を冷やしてあげるのが効果的なので、こちらも薄いハンカチなどにくるんで当てると落ち着きます。


    同じように虫歯のズキンズキンとした痛みや腫れなども保冷剤とハンカチを用いれば楽になります。



    すぐに薬を飲む事が出来ない場合などに有効です。
    このように、生活の知恵として押さえておきたい保冷剤の活用方法。

    定温輸送についてわかりやすく説明しています。

    繰り返し何度でも使えるのも大きなメリットで、家の冷凍庫に二、三個程あると何かと便利です。
    是非活用してみましょう。

    M3Qの情報サイトです。