• 保冷剤のさまざまな使い道

    ケーキなどを買った時についてくる保冷剤を捨ててしまってはいないでしょうか?また、冷凍庫に常に常備されているご家庭もあると思います。
    サイズも様々なものがありますが、ケーキを買った時についてくるような小さいサイズのものであれば、子供が熱を出した時に、わきに挟んだり頭を冷やしたりするのにちょうどいいサイズです。

    直接だと冷たすぎるので、タオルなどにまくといいのですが、100円ショップにはちょうど保冷剤を入れられる袋なども売っています。

    また、保冷剤を入れる場所があり首にまけるようなものもあるので、暑い夏場には重宝します。
    もちろんクーラーボックスに入れれば、保冷として利用することができるので捨てるのではなく、急な発熱ややけど、けがをした時のためにいくつかは冷凍庫に常備しておくといいでしょう。
    そして冷凍庫にも十分備蓄がある上での活用方法もあります。



    表に何からできているかと書かれていることがありますが、ほとんどの場合、水と高吸水性ポリマーからできています。

    保冷箱に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

    おむつに高吸水性ポリマーが使われているのは有名ですが、実はそれ以外にも芳香剤や園芸用品の中にも使われています。そこで、保冷剤の中身をガラス容器に入れなおして好きな香りのアロマオイルを数滴たらせば、それだけで簡易芳香剤ができあがります。

    消臭効果もあるので一石二鳥です。


    絵具などで着色もできるので見た目もお洒落に早変わりします。

    毎日新聞の情報はここで調べよう。

    また。


    観葉植物などの土の下に保冷剤を入れておくことで、水分を保つこともできます。


    このように様々な用途があるので是非活用しましょう。

  • 大事な売買の事

    • ケーキなどのデザートを買ったりすると付けてもらえる事がある保冷剤ですが、ついつい何かに使えるかも、と冷凍庫に大量にしまい込んだままになっているご家庭も多いようです。そんな保冷剤には幾つかの活用方法があります。...

  • 関連情報

    • どこの家庭の冷凍庫にも一つは保冷剤が保管されていると思います。しかし、数が増えると冷凍庫を圧迫してしまいますので、処分する前に活用しましょう。...

  • 納得の情報

    • ケーキなどを買うと必ずと言っていいほど保冷剤をもらいます。家に帰って要らなくなったら捨てる人もいるでしょう。...

  • 売買の特徴紹介

    • 保冷剤の使い方といえばイメージとして強いのが、ケーキや冷菓などを運ぶ最中に品質が悪くならないように一時的に冷たい状態にしておく方法です。しかし、ケーキ屋でケーキを購入する度に保冷剤をもらい、それが冷蔵庫の隅に押しやられたままになっている家庭が多いかもしれません。...